愛でる本

すべての本に敬愛を。読む量に対して積む本の量は数知れず。これから読む本、読んだ本の記録、大好きな本について、古本漫遊記など気まぐれに綴っています。

親の見守る愛情がひしひしと伝わる一作

宮澤賢治・人と藝術 他遺稿童話集」より
宮澤賢治の短編童話「貝の火
f:id:bushi-hachi:20201217031004j:plain
昭和十年頃の抜取りのようなので、著者天逝のおよそ二年後に遺稿として誌面を飾ったと思われる。

命を助けた礼に"貝の火"という宝玉を授かってからというもの、親の忠告も聞かず、傍若無人に振る舞い権力を振りかざす子ウサギのホモイ。

力の使い間違い、他の力にばかり頼っていては、そのうち限界を迎えること。
最後までひた向きに子を案じ続ける親の優しさ。
父親の温かさに、同じく子の父親である自分も心打たれるものがあった。

賢治氏の作品には時代を越えて学ぶ教訓がある。