愛でる本

すべての本に敬愛を。読む量に対して積む本の量は数知れず。これから読む本、読んだ本の記録、大好きな本について、古本漫遊記など気まぐれに綴っています。

芥川龍之介の翻訳「クラリモンド」

クラリモンド…

彼女が私の前に現れたのは、一人の僧侶として、神の下に生涯を捧げると誓ったその日であった…
f:id:bushi-hachi:20201129185255j:plain
その日を境に彼女の虜となった私は、少しずつ只着実に破滅へ近づいてゆくのであった。

私の心を魅了し、決して放そうとしない美しく妖しい女クラリモンド。

彼女は一体何者なのか…。

文豪芥川龍之介(竜之介)の洗練された訳文で送る古典吸血鬼小説

ゴーチェ「クラリモンド」